公開:2022/03/10
『日経デザイン』2022年3月号と「日経クロストレンド」に、コンセントで顧客体験構築やデジタル、バーチャルコンテンツ企画等を担当した、住友化学「SYNERGYCA共創ラウンジ」が紹介
デザイン系情報誌『日経デザイン』2022年3月号(発行:株式会社日経BP 発行:2022年2月24日)および、ウェブメディア「日経クロストレンド」(運営:株式会社日経BP)の2022年3月3日公開の記事に、コンセントがプロジェクトパートナーとして参画した、住友化学株式会社(以下、住友化学)の「SYNERGYCA(シナジカ)共創ラウンジ」(以下、SYNERGYCA)が紹介されています。

「顧客企業との交流や議論を通じ、新たな価値の創造につながるアイデアや気づきを生み出す場」として、住友化学の新本社内に2021年12月に開設された「SYNERGYCA」。プロジェクトにはデザイン監修の柴田文江氏(Design Studio S)や施設プロデュース等を手掛けたコクヨ株式会社をはじめ、多くのパートナーが参画しています。

コンセントはプロジェクトパートナーの一社として、サービスデザイン部門や映像/VRチームのメンバーを中心に、共創プログラムの顧客体験構築やデジタルコンテンツの企画・設計・マネジメント、バーチャルコンテンツの企画・制作を担当しました。

記事では、エリアに分かれた空間やその目的、各プロジェクトパートナーの役割、柴田氏のインタビューが紹介されています。

https://www.concentinc.jp/news-event/publicity/2022/03/nikkeidesign202203/





全天球映像作家「渡邊課」実写VRのご相談はコチラ