公開:2021/12/21
「CreatorZine」に“デザイナーのこれからの働き方”を考える、コンセントメンバーによる座談会記事が掲載
企業で働くクリエイター向けウェブマガジン「CreatorZine(クリエイタージン)」(運営:株式会社翔泳社)に、「これからの働き方」に向けた制度づくりや今後の課題等をテーマにした、コンセントのメンバー4名による座談会記事が掲載されています。

座談会には、コンセントのオフィスリノベーションや制度づくりに関するプロジェクトのメンバーである、クリエイティブディレクター渡邊徹、サービスデザイナー川原田大地、クリエイティブディレクター中條隆彰が参加。プロジェクトマネージャー芳賀南実が聞き手となり、新しい働き方の制度づくりの検討をどのように進めたのか、議論を経て定められた4つの方向性とその意味、リモートワーク時代だからこその働く上での価値観、コロナ禍による変化や気づき、今後取り組んでいきたいことなどについてお話ししています。

この座談会の様子は、8月にスタートしたコンセントのメンバーによる「CreatorZine」での連載「デザイナーが考える、“ニューノーマルの先”の働き方とオフィスのありかた」の第5回と第6回として公開され、第6回が連載最終回となります。

https://www.concentinc.jp/news-event/publicity/2021/12/creatorzine-workstyle-5-6/





全天球映像作家「渡邊課」実写VRのご相談はコチラ